花粉撃退ナビ

ハンノキ花粉とカニアレルギーについて

ハンノキが属するブナ目には多くの種があり、公園や山地など各地に分布しています。
ハンノキはスギやヒノキと花粉の飛散する時期が重なるため、あまり気にされていないのですが、スギの飛散開始時期よりも早くアレルギー症状が出る場合はハンノキが原因かもしれません。
口腔アレルギー症候群は特定の果物や野菜などを食べることにより、口腔粘膜やその周辺にアレルギー症状が起きるというものです。
また、花粉症の原因物質と似た物質が果物などの食物に含まれているため、花粉症に合併するものが多くなっています。
原因となった花粉によって口腔アレルギー症候群を引き起こす食物は異なるため、どんな症状が起きるのか、どのような食物に注意が必要なのかをしっかり知っておくことが大切です。
カニがアレルギーを起こす可能性のある食べ物だということはあまり知られていません。
小さい頃はカニを食べることができたのに、大人になってから突然カニアレルギーになってしまうという人もいます。
カニを食べて気になる症状が出た場合、アレルギーを専門としている病院やクリニックを受診しましょう。
ちなみに、カニなどの甲殻類に触っただけでアレルギーが出る場合もあるため、注意が必要となっています。
アレルギー症状を防ぐためには、食品の中にカニが入っていないかをしっかり確認することが大切です。
最近では、パッケージなどの裏にカニが入っているかどうか記載がされている食品も増えてきています。
重度のカニアレルギーになると、カニが入った料理を食べただけで呼吸困難になってしまうこともあります。
そこで職場の同僚などには、事前にカニアレルギーを持っていることを伝えることが大切であり、仕事の付き合いなどで食事をする際にはカニを避けるようにしましょう。