花粉撃退ナビ

花粉やタンナルビンなどが原因でアレルギー

アレルギーといって真っ先に思いつくのはスギ花粉などによる花粉症でしょう。
アレルギーは特定の抗原(アレルゲン)に対して免疫反応が過剰に起こることをいい、これが原因となって花粉症(アレルギー性鼻炎)やアトピー性皮膚炎などの疾患を起こす人がいます。
アレルギーが原因で起こる怖いことのひとつに、食物によるアレルギー被害があります。
食物アレルギーは特に症例数が多いものに、えび、かに、小麦、そば、卵、乳、落花生が原因となるものがあり、このアレルゲンに反応する患者さんがそれを食べてしまった場合、皮膚のかゆみやじんましん、咳などが起こります。
更に重篤なアレルギー被害になると、全身発赤、呼吸困難、血圧低下、意識消失なども起こることがあり、すぐに対応出来ないと最悪の場合、死に至ることもあるのが怖いところです。
食物アレルギーの患者さんは、アレルギー物質を口にしないことで症状の発生を予防することが一番となるので、食料品を選ぶ時には原材料の表示をよく確かめてから食べることが必要になります。
しかし、アレルギー被害は意外な所で遭ってしまうこともあります。
中でも、薬に含まれる成分などはつい見落としてしまいがちなので注意することが求められます。
例えば、タンナルビンという腸の炎症を鎮める薬があり、下痢の時などに用いられますが、タンナルビンは牛乳の成分が含まれているため、牛乳アレルギーがある人は飲めない薬となっています。
病院や薬局では薬の処方を行う時に、アレルギーを持っていないかを患者さんに聞くことで、タンナルビンなどのアレルギー患者さんには向かない薬を出さないようにしています。
アレルギー被害に合わないためには、まず自分のアレルゲンが何かを知っておくことが有効です。
アレルギー科を扱う病院などでアレルギー検査を受けておくと、自分が何の物質でアレルギーを起こす体質なのかを知ることが出来るのでおすすめです。