花粉撃退ナビ

花粉時期のコンタクトの使用と効果的なドリンクについて

花粉症とは、花粉によってもたらされるアレルギー疾患で代表的な症状にくしゃみ、鼻水、喉の違和感、目のかゆみ、目の充血などがあります。まれに重症の場合ですと、発熱や咳などの症状が出る場合もあります。日本では、スギやヒノキの花粉に悩まされる人が多く、主に春先に症状が出始めます。
スギ、ヒノキ以外にもイネやブタクサなど、春先以外にも症状の出る人がいます。日本では約50種類の植物が原因になるといわれていて、年々花粉症になる人が増加の傾向があります。

花粉症対策として、まっさきに思い浮かぶのが薬です。薬はアレルギー薬を服用します。毎年症状が出る人は、飛散が始まる前の一月下旬頃から服用を始めると効果的です。また、代表的な症状である鼻水、くしゃみ、鼻づまりは花粉を吸いこむことや付着することによってアレルギーの症状が起こりますので、体に付着させないことが大切です。ですので、外出時にはマスクを着用するようにします。
同様に目にも同じことが言えます。目のかゆみや目の充血などの症状のある人は、その時期はコンタクトではなく、メガネをするようにします。コンタクトをしたまま目をかくと、コンタクトで瞳孔などを傷つけてしまう恐れがあります。また、メガネをかけることによって、目に花粉が付着する量を軽減することもできますので、対策として有効です。

また、食べ物やドリンクなどで効果のあるとされている物があります。たとえば、ヨーグルトなども効果があるといわれています。ヨーグルトドリンクなどを一年を通して飲んだりすることで人によっては、症状が改善したという人も多くいます。この他、近年では花粉症に効くドリンクなども市販されています。